前回、『ドラクエ10』の開発が遅れている理由が人手不足にあり、
内製ゆえにスクエニ社内の人事異動が
大きく影響したのではないか、という所まで話をしました。


490_002

過敏性腸症候群になるまで追い詰められたりっきー。
"あの"ドラクエシリーズのクオリティ維持が、
いったいどれだけ大変なものなのか、少し想像してみましょう。


―――


例えばシナリオ制作ですね。
分かりやすいように模式図で説明します。


エンコード・デコード


『ドラクエ10』は、勇者が悪に立ち向かう話をメインストーリーに据えていますが、
その裏では幾つものバックストーリーが並行して進行しており、
メインの謎を解く伏線として、台詞や本棚などに反映されています。

その際、シナリオ原案の前ディレクター・藤澤仁さんが、
謎解きが容易には出来ないように、
複雑な謎かけ=暗号を施してメインに落とし込んでいると見られます。
シナリオ構造上ではこれを、エンコード(暗号化)と言います。

逆に、謎解きが大好きなユーザーが脳みそをフルに動員させ、
暗号を外していく事を、デコード(解読)と言います。



『ドラクエ3』で言えば、メインストーリーは勇者の息子の話。
バックストーリーは父・オルテガの話に当たります。

ドラクエ3

普通なら大筋(プロット)を作ってしまえば、
後はシナリオライターに投げて、それでおしまいです。

『3』でも、なぜオルテガが単独行動を取ったのか、
特に難しい謎かけは施されていません。
もう1人の勇者・サイモンが獄死した事から理解に至るのは平易ですし、
イベント数も、ガイアのつるぎを入手する1つだけで、
制作の手間もさほどかからないはずです。


ですが『10』の場合は、複数のバックストーリーが絡んでますので、
設定の数の分だけ、制作に何倍もの労力がかかります。


具体的に言えば、適切なタイミングでリリースする必要のある、
サブクエストの制作数が増大します。



王家の迷宮

りっきーの言う「十分な品質での提供」とは、
大型ソロコンテンツ・王家の迷宮の調整もさることながら、
そこでしか語られる事のない先代勇者のバックストーリーを用意し、
専用のムービーまで作成した点にある
と思います。

輝石補充はよ!と禁断症状を訴える人が続出するくらい、
遊んでも楽しい良コンテンツに仕上がってますが、
なおかつ、盟友とは何者なのか?という謎かけもしっかり施してあり、
クエストNo.337との繋がりも見える事から、
開発陣がシナリオ制作に妥協を残さなかったのが伝わります。


りっきーがコミットメントを達成できなかったのは、
会社としては損失だったかも知れませんが、
ドラクエブランドを守る決断としては、誠に正しかったと思います。

旧『FF14』のような出来になっていたら、
それこそ金銭的損失では済まなかったでしょうし。


―――


仮に前作までのように外注に出していたら、
いったいどうなっていたでしょうか?

少なくともストーリー面で、高いクオリティは維持出来なかったと思います。

レベルファイブ

その例として、錬金術のバックストーリーがあります。

過去のドラクエシリーズ制作に携わったレベルファイブ社は、
ローグギャラクシー』や『白騎士物語』、『二ノ国』などのRPGにおいて、
伝統的に錬金システム(アイテム合成)を導入しています。
『8』と『9』に登場した錬金釜が該当します。

ですがこれ、いかにも取って付けたシステムですよね。
錬金術が生み出される為に必要な歴史、世界観の説明が一切ありません。


ゲームデザインを手がける堀井雄二さんが
スクエニと制作会社の間で橋渡しをしているとは言え、
発注をかける相手はコンピュータ専門のプログラマーであって、
ストーリー制作の専門家ではありません。

致し方ない事ですが、発注書に書かれていない限りは、
プログラム動作に必要の無い部分は必ず損なわれてしまうのです。



災厄の王

『ドラクエ10』では、『4』の錬金術に関わる設定が、
バックストーリーとして再定義されています。

しかも、わざわざ2段構えの謎かけが施され、
容易には解けないようにしてあるのは、
その後のメインストーリーで結び付いた時の感動を大きくする為の
仕掛けであったに違いありません。


こうしたストーリーの厚みは、藤澤さんやりっきーの指揮の直下で、
最後の最後まで微調整されてきたからこそ、
根幹を支える土台として根付いているのだと思います。

スクエニ内製である事が、とても重要な意味を持っている証でもあります。


―――


堅調


決算書では、「堅調」というたった2文字で状況が表されます。


開発便り

開発・運営だより -第14号- (2013/12/2)


ですがその裏では、開発スタッフの皆さん全員で
"死に物ぐるいで必死にあがき続けた"、
壮絶なバックストーリーが隠されているのかも知れませんね。



お金の流れからでは分からない、人の頑張りに思いを馳せるのも、
考察マニアの役割だと思っております。

開発スタッフとユーザー、どちらも良い方向に進むのが、
オンラインRPGの理想的な姿なのでしょう。