アストルティア考古学の第3回です。
なお、ストーリーのネタバレを含んでますので、閲覧には充分に注意して下さい。

今回は、エルトナ大陸の「暗黒大樹」について考察していきます。
前回の記事が長すぎて2つに分けたんだよねー。

【アストルティア考古学シリーズ】
 ・ 短評Ver.1 冥王編 神話篇

 ・ 光と魔瘴 1 2 3


20130715-1741_75840249 (1)

ロザリー
 これが光の河のほころびかー。

ロザリー
 金色の輝きをほとんど失い、紫がかってます。

ロザリー
 やっぱりこの下には魔瘴が渦巻いてるのかな…。

ロザリー
 闇の溢る世界も、光の河の地底にありましたからね…。



光の河

ロザリー しかしさ、なんで落陽の草原に光の河のほころびが出来たんだろね。
 河なら他の場所にもあるじゃん?

ロザリー
 それはやはり…暗黒大樹の影響ではないでしょうか。

ロザリー
 どういうこと?

ロザリー
 落陽の草原は、崩壊前から草木が枯れかかっていました。


ダウンロード (11) ダウンロード (39)

ロザリー あぁ、確かに前から葉っぱの色が変わって落ちてたもんね。
 地面に生えてる草も最初から褐色だったし。

ロザリー
 カミハルムイの周辺の木は満開なのに、ここだけ変なんです。



落葉のメカニズムは、季節によって左右されるものではありません。
植木に水をあげなかったり、低温に晒すと枯れてしまうように、
環境の変化によって左右されるものです。

同じ大陸の別の場所にある樹木が花を付けているのに、
この場所だけが枯れているという事は、気温の変化は関係ありません。
土壌の環境が変化したのだと考えられます。


ロザリー
 つまり、それが暗黒大樹が近くにあるせいだと…?

ロザリー 想像ですが、落陽の草原の土壌は、
 既に魔瘴に侵されていたのではないでしょうか。

ロザリー
 フフフ…実に面白い…。



―――


20130718-1407_76379332

現在、ツスクル地方の久遠の森にある世界樹は3本目に当たります。
エルフの初期村のイベント・力の試練にて、
世界樹の番人である若葉の精霊が教えてくれます。

若葉の精霊
 この世界樹は 3本目の世界樹。
 悪しき者たちは 何度も
 地上から 世界樹を消そうとしたのダワ。

 だが そのたびに 勇気ある
 ツスクルの巫女が 立ち上がり
 世界樹が絶えないように はばんできたダワ。



ですが、冥王ネルゲルの影響で闇の力が活発化した為か、
試練の最中に世界樹がバリバリっと裂けて、魔瘴が出ていましたよね。
やはり魔瘴は地上にあるどこかしらが裂けて噴出しています。

この時は偶然にもグランゼドーラ王国の光の勇者が覚醒し、
魔瘴の活動が収まったおかげで世界樹の裂け目は無事に閉じられましたが、
暗黒大樹が襲われた時は、奇跡は起きなかったのでしょう。
「悪しき者」の魔瘴の力によって死に追いやられ、
大地は汚染されて、呪われた大地へと変貌してしまったと思われます。


ロザリー
 暗黒大樹の番人も、若葉の精霊にそっくりだもんね。

ロザリー
 太陽の石と魔瘴の石の関係とも似ています。

ロザリー
 そう考えると暗黒大樹って、元は世界樹のうちの1本だったんだよ。

ロザリー
 もう1本は、スイゼン湿原の「ともしびの木」でしょうか。


20130718-1525_76386035

ロザリー んー…でもツスクルの世界樹が3本目なんだから、
 それより以前のやつが今のより小さいって事は無いんじゃ?

ロザリー
 確かに…そうですね。

ロザリー それに、もしかしたらリタ姫さまが姿を変えてた
 エルトナの聖地の白い大樹の事かも知れないよ?

ロザリー
 そのうち明らかになるでしょうか…?



1138

ちなみに、カミハルムイのニコロイ王のイベントで、
暗黒大樹の番人を倒して手に入る「暗黒大樹の葉」というのは、
『ドラクエ8』にて、魔犬レオパルドの暗黒の力に反応し、
その位置を教えてくれるキーアイテムです。
蘇生効果のある世界樹の葉とは正反対の、闇のルーツとなります。


『10』では、ニコロイ王の母親に化けた怪蟲アグラネが、
エルトナの聖地を白い大樹と化して守護していた、
「白き者」リタ姫の封印を解く為に、王を騙して暗黒大樹より運ばせます。

20130718-1437_76381626

アグラネ曰く、エルトナの聖地が悪しき者の手に落ちれば、
エルトナ大陸は暗黒大樹に全てを蝕まれるそうです。 

 私は 怪蟲アグラネ……。
 この大地を死と絶望で染めるために
 暗黒大樹より 生まれでた者。



―――


暗黒大樹より生まれし「悪しき者」の企みは、
エルトナの聖地に迫った時点で、九分九厘、成功していたと思われます。
fD9s9c9KGWopqde1374132854_1374132986

ロザリー 現在の位置関係を整理すると、2つの光の河の両脇に、
 世界樹と暗黒大樹、その真ん中にエルトナの聖地があります。

 ロザリー
 こうして見るとさ、落陽の草原の木が枯れてるのってやっぱり…。

ロザリー 暗黒大樹の魔瘴の力が、光の河を越えて、
 少しずつエルトナ大陸を侵食しているからでしょう。


20130718-1656_76394869

ロザリー
 もしかして、それを食い止めてるのが…。



20130718-1656_76394869

 エルトナの聖地にある白い大樹…?



20130718-1706_76395940

 ……!!


ロザリー
 …エテーネ村のロザリー? どうしました?




テレレ テレレ テレレ テレレ テッテッー♪

テレレ テレレ テレレ テレレー♪

20130718-1724_76398006


ロザリー 3.14159265359.....

ロザリー
 …ぇぇえええー! おしらせ板に何を書いてるんですかー!


ロザリー (上底+下底)×高さ÷2.....

ロザリー
 その公式、ぜったい間違ってますよ!



テレッテー♪ テレッテー♪

テレッテー テレッ テッテッテッテッテー♪

kako-yydsz0CQwkqCKA0z

キュピーン キュピーン キュピーン…!


ロザリー
 岸谷くん、すぐに実験の準備だ。

ロザリー
 誰が岸谷くんですか。

ロザリー つまりあれだよ、災厄の王が光の河のほころびから出てきたのも、
 そこだけ六聖陣の女神の光の力が減衰していたからだよ。

ロザリー
 おおっ、なるほど! 辻褄が合いますね。



魔瘴に侵された土地は、呪われた大地以外にも、
プクランド大陸にあるけがれの谷があります。 
しかし、けがれの谷は光の河のそばにはありません。
大地に侵食した魔瘴が、光の河に悪影響を及ぼす可能性があるのは、
アストルティア全土を見てもエルトナ大陸だけなのです。


ロザリー
 災厄の王がノックトントンしてた場所が重要だったのか。 

ロザリー
 まさに光の河の「ほころび」だった訳ですね。
 
ロザリー 暗黒大樹の悪しき者は、世界樹側にあるもう1つの光の河の
 蓋も外そうと企んでたんじゃないかにゃー。


結論: 暗黒大樹のせいで災厄の王が出てきた


さてはて真相はどうなのか。
カミハルムイの外伝クエストで謎が解明されるのを待ちましょう。

外伝クエスト考察へ) (赤い月 (1)へ)