こんにちは、ロザリー(中の人)です。

アストルティア考古学の第6回は、外伝クエストの考察になります。
なお、ストーリーのネタバレを含んでますので、閲覧には充分に注意して下さい。

【アストルティア考古学シリーズ】
 ・ 短評Ver.1 冥王編 神話篇
 ・ 配信クエ カミハルムイ


 ・ 光と魔瘴 1 2 3  ・ 赤い月 1 2


l_51ecaff979920

ロザリー
 ハッパくん、最後まで謎だらけでしたね。 

ロザリー
 左の頬の十字傷、きっとあれには不殺の誓いを立てた強い想いが…。

ロザリー
 どこの流浪人ですか。 



ハッパに纏わるストーリーをおさらいしてみましょう。

王都カミハルムイで謎の体調不良の報告が増加した事を受け、
近辺で発生した濃い魔瘴が原因と見た魔瘴の研究者・ハネツキ博士は、
領内北のイムイ地下空洞に調査に行きます。

20130828-1457_86447514

ロザリー ハネツキ博士の論文は学びの庭でも有名でしたよ。 
 まさか直にお会い出来るなんて…!

ロザリー
 ツスクルの優等生と天才博士のコラボね!

ロザリー
 えっ…私なんて、そんな…♡゚・。(⁰▿⁰三⁰▿⁰三⁰▿⁰)。♡。・

 ロザリー
 (おだてりゃ木に登るタイプか…。)



イムイ地下空洞の中は、既に魔瘴で充満してました。
危機はまさに、王都にも迫ろうとしていたのです。

20130828-1509_86448673

ロザリー
 ここもじき、腐海に沈む…。

ロザリー
 風つながり!?

ロザリー
 こんなおっかない洞窟内に居たのが、ハッパくんだったのね。

ロザリー 最初は「殺さないで」とか、「ボクはエルフじゃない」とか、
 周りに心を開いていない様子でした。

ロザリー
 今考えると、狼少女カマラみたいなお話だったかも知れないわね。



魔瘴の渦巻く洞窟で発見されたエルフの少年・ハッパは、
幼い頃に大樹の長に拾われ、暗黒大樹のふもとで育った子でした。
そんな環境で成長した為か、いつしかハッパは、
エルフでありながら、魔瘴にも耐えられる体質になったとの事。

しかし…大樹の長はハッパを大樹の下から追い出します。

 ムリだ。
 お前 耐えられるの うすい魔瘴だけ。

 もうすぐ 大樹
 濃い魔瘴で 包まれる。
 その時 お前 死ぬだけ。

 去れ。

 忘れるな。お前 エルフ。
 エルフの住む場所 ここじゃない。


暗黒大樹

暗黒大樹はやはり、世界樹のうちの1本でした(【考察】03)。
予想の段階では、暗黒大樹はエルトナ大陸を蝕む魔瘴に完全に侵され、
その発生原因にもなっているのだと思ってたのですが、
実は現役バリバリの世界樹で、今でも魔瘴を取り込み続けているのだとか。

ロザリー
 これにはハネツキ博士も驚いていらっしゃいましたね。

ロザリー
 発生原因は別にあったって事か…。


しかし、長年の働きの末に暗黒大樹は芯まで黒く染まり、
取り込める量にも限界が来ていました。
王都近辺で魔瘴が確認されたのは、大樹の浄化が落ちた為だったのです。

大樹の長は、濃い魔瘴に耐えられないハッパの身を案じて、
「エルフは去れ」と、あえて遠ざけていたのでした。

ロザリー
 大樹の長にとっては、ハッパくんは我が子も同然だったんですね…。

ロザリー ええお父さんや…。
 しゃべり方はターザンみたいだけど。



334_001

暗黒大樹を覆う濃い魔瘴を取り除く方法をついに突き止めたハネツキ博士。
エルトナの聖地に眠る聖なる力を肉体に宿し、
芯の近くで解放すれば、これを消滅させられると提唱しますが…、
この方法は、濃い魔瘴の中に入らなければならない事を意味していました。
生命力を削る荒業、出来るのはハッパしか居ません。

魔瘴に耐性のあるハッパの身体でも、濃度によっては死に至ります。
しかしハッパは強い意志を示し、役目を担う事にしました。

 ボク やっとわかったんだ。
 なんのために 生まれてきたのか。

 エルフなのに 魔瘴に耐えられる この身体。
 イヤだったけど 今は 誇りに思える。

 これは ボクにしかできないんだ。
 ボクが魔瘴を消して みんなを守るよ。


ロザリー
 (´;ω;`)ブワッ

ロザリー
 ハッパくぅーーん!



―――


l_521197c226278


さて、ここからが重要。

濃い魔瘴は、ニコロイ王の護衛に付いていた部下3人を飲み込み、
一瞬で魔物に変えてしまったほどの脅威です。
ツスクルの力の試練でも、弟子に立ち会った師コウの命を奪いました。
ところがハッパくんはこれに耐え切り、聖地の力を解放します。
見事に暗黒大樹を救い、めでたしめでたしなのですが…。

大樹の長
 奇跡……。奇跡 起きた……。
 ハッパ エルフなのに
 魔瘴の耐性に 目覚めた……。

 世界樹に 危機 訪れし時
 世界樹を救うため 世に現れる存在……。
 ハッパ もしかしたら……。


ロザリー
 いやいや…過去にこんな事できたの、1人も居なかったよね?

ロザリー 魔瘴を意のままに操るネルゲルの口癖も、
 「生きとし生ける者は死からは逃れられぬ」、でした。



ドラクエ10には、死を回避した人、もしくは現在進行形の人が6人か登場します。

 ・主人公
カメさまの生き返しの儀を受けて復活
 ・主人公の兄弟
時渡りの術で過去に飛ばされる
 ・巫女セーリア
永遠の水に入って人柱
 ・巫女ヒメア
不老の秘術によって500年間生きる
 ・ビャン・ダオ皇子
ウルベア魔神兵の棺桶の中でコールドスリープ
 ・フォスティル
銀の丘の扉を使ってタイムスリップ

しかしこのいずれも、何らかの方法で時間を超越したに過ぎず、
魔瘴を身に受けながら救われたケースなど、これまでありませんでした。

伝説の天馬に姿を変えたカメさまですら、2度目の危機に陥った主人公を、
育みの大地・清き水の洞くつの真上にそびえる光の神殿へと
運ぶのがギリギリであったほどです。

エテーネエテーネ

Windows版のβテストの時にエテーネ周辺の画像はパシャってあります。

カメさま(と思しき声)
 今の 私のチカラでは
 あなたを この光の神殿の結界の中に
 逃すのが 精一杯でした。

 冥王ネルゲルの持つ 闇のチカラは 今や
 この世界の光のチカラを 圧倒しています。


ロザリー どんなに強い光でも、より大きな闇の前では
 飲み込まれてしまうんでしょうか。

ロザリー
 光の力は足し算、闇の力は引き算であるって事ね。

ロザリー
 だけどハッパくんが濃い魔瘴に耐えてたの…あれは?

ロザリー
 たぶん、ゼロを掛け算してたんじゃないかな。

ロザリー
 つまり中和していた…と…?

ロザリー
 ……実は私、他にちょっと心当たりあるよ。

ロザリー
 …!!



アストルティアにはこのような力の持ち主は他に居ません。
が、ドラクエの世界には2人だけ、闇の力を中和できた人物が存在するのです。

それが、『ドラクエ5』の主人公と、その母・マーサです!

shujinkou5 maasa1

ご存知の通り、この2人はモンスターを改心させる事が出来た親子です。

ドラクエの世界は基本的に、光の世界、闇の世界、人間界と、
はっきり区分されていて、それぞれを行き来する事は出来ません。
神鳥レティスでさえも、暗黒神ラプソーンの闇の世界から出られなかったくらいですが、
エルヘブンの血を引く2人は、魔界に通じる力を持っており、
特にその力の強かったマーサは、魔界の門を開閉する事が出来ました。

ロザリー
 こんな方がいらっしゃったんですね…凄いです。

ロザリー
 魔界からやってきた魔物には闇の力が備わっている、のよね。

ロザリー
 それは間違いありません。

ロザリー 人間は、闇の力に触れれば魔物になっちゃう。
 だけど魔物も、闇の力を中和すれば人間になるのよ。


ホイミンdq253

ロザリー
 ああああ…もしかしてピサロ様がお連れ下さったスライムさんも…!

ロザリー
 「悪いスライムじゃないよ」ってやつじゃない?



―――


ではいったい、光と闇を分けるものとは何なのでしょうか。

闇の力の正体に限りなく近付いた人物が、ドラクエの世界には居ます。
それが『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー』に出てくる、
バトルGPの主催者・カルマッソ会長です。

character_calmasso


カルマッソは、魔物が持つ闇の力が「マ素」という成分である事を発見し、
マ素が結晶化したマデュライトを集めて魔砲珠を作ります。

542

この世界にも、マーサと同じく魔界に通じる門の番人として、
生きとし生ける全ての命を守る神獣・キングスペーディオが居ますが、
カルマッソは神獣に魔界の門を開かせる為、
魔砲珠を使ってマ素を浴びせ、デモンスペーディオへと変えてしまいます。
やはり光の力では、相反する闇の力に対抗できないのです。

P1000154P1000155
↑キングスペーディオ  ↑デモンスペーディオ

20070701234530

そこで、神獣の心を取り戻させる為に使用されたのが、
マ素を吸収し浄化する力を持つ、浄魔球です。

ロザリー
 まるでハッパくんの力みたいじゃないですか!

ロザリー
 まぁこれは吸収しすぎて砕け散っちゃうんだけどね。


大量のマ素は魔界の門から降ってきており、
カルマッソは結局それを自分で浴びて、魔物へと身をやつしてしまいました。
ここから分かるのは、光と闇、人間と魔物を分かつのは、
闇の世界から噴出してくるマ素であるという事です。
すなわち、アストルティアの世界を死に陥れようとしている魔瘴も、
その主成分はマ素なのではないでしょうか。

ハッパくんやマーサは、浄魔球の使用者のように、
闇の力に含まれるマ素を吸収・中和していたと考えられます。


ロザリー
 …うーん。

ロザリー
 どうしました?

ロザリー
 いや、どうしても分かんない点が1つだけあるのよ。

ロザリー
 偶然ですね…私も同じ疑問を持ってました。


そう、残された最後の疑問、それは、
ハッパくんが何者であるかについてです。


ロザリー なんでただのエルフの子供が、マ素を中和できたの?
 なんぼ暗黒大樹で育ったにせよさ。

 ロザリー
 つまり、ただのエルフじゃないって事ですよね…。

ロザリー
 …これは仮定なんだけどね。

ロザリー
 …はい。

ロザリー 人間がマ素を浴びたら魔物になるし、
 魔物からマ素を抜いたら人間になるんだよね?

ロザリー
 そうなるケースもありますね。

ロザリー ハッパくんって、どんな風に育ったかは分かったけど、
 どこで生まれたのかは触れられなかったよね?

ロザリー
 え…? まさか…?


ロザリー ハッパくんさ…
 大樹の精霊がエルフに生まれ変わったんじゃないの?

ロザリー 工エエェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェエエ工


ロザリー いやだってさ、ニコロイ王の護衛が魔物になっちゃったじゃん。
 そしたらその逆もあり得るかもじゃん。

ロザリー
 「ボクはエルフじゃない」って、そういう意味にも聞こえますね…。



結論: ハッパは生まれ変わってエルフになった?


十字傷とか言ってたのが恥ずかしいくらい真面目な結論。