アストルティア考古学の13回目は、「時渡りの術」の考察になります。
全2回のシリーズの前編です。

なお、ストーリーのネタバレを含んでますので、
その点をご同意頂ける方だけ、続きをご覧下さい。

【アストルティア考古学シリーズ】
 ・ 短評Ver.1 冥王編 神話篇
 ・ 配信クエ カミハルムイ メギストリス


 ・ 光と魔瘴 1 2 3  ・ 赤い月 1 2
  ・ レンダーシア大陸 1 2
 ・ 錬金術 1
 2 3  ・ 創生の渦 1


―――


20140216-1921_130828759

ロザリー
 これが創生の渦ですか…。

ダウンロード (2)
 魔瘴の霧を吸い込んだり吐き出したりしてるように見えるね。

ロザリー
 この渦から偽りの世界が生まれた、と?

ダウンロード (2)
 究極の錬金術=進化の秘法もここから生まれた?



偽りの世界の創造主・大魔王マデサゴーラ。

かの者が生み出したとおぼしき創生の渦の魔瘴について、
クロウズの気になる発言がありましたね。

勇者覚醒の光

> クロウズ
 ロザリーさん。見覚えがありませんか?

 この光は かつて あなたが見た光……。

 そう……あなたが 生き返しを受け
 新たな運命を得た地で見た あの光なのです。

 この奇妙な時間のズレ……。
 ミシュアさんと アンルシア姫という
 生き写しのような ふたりの存在……。

 この世界には 何か 大きな秘密が
 隠されているようですね。



ダウンロード (2)
 時間のズレ…か…。

ロザリー
 闇の封印がなされたレンダーシアで時間軸が異なる、って事は…。

ダウンロード (2)
 魔瘴の発生源で何らかの現象が起きている、のかな?


レンダーシアでは、5大陸と同じように太陽と月の昇降が確認できます。
この世界に時差はどこにも存在しません。

となると、時間のズレは完全に別の次元で起きている、と考えるのが妥当でしょう。
時間ではなく現象の起きる空間が異なっている。
つまり、アンルシアが2人居たように、レンダーシアも2つある
そのように仮定して話を進めていきます。


元の世界を作ったのは誰か?
この答えは、レベル80解放クエストで既に出ています。

> 闘戦聖母
 私たち六聖陣の仕える 女神の名は
 ルティアナ……この アストルティアを
 生み育んだ 創世の女神です。


ダウンロード (2)
 ウルベア金貨を餌に、冒険者を日々の討伐に駆り立てる存在…(ゴクリ

ロザリー
 言い方ぁあ!


アストルティアの生みの親であるという、女神ルティアナ。
グランゼニスの名前が出てこなかったという事は、
5つの種族神とは別格の、唯一の創造神であったはずです。

しかし、この大魔王マデサゴーラは女神が生んだ古き世界を封印し、
創生の渦から生まれた世界に作り変えています。

まるで神様が2人存在するかのように。


光の神殿

20140216-1923_130829258

ロザリー
 光の神殿もおもっきし作り変えられてました。

ダウンロード (2)
 5つの種族神の祭壇も無かったし…。



ちなみに、創生の渦に行く際の「虚の産道」にある魔法陣。
魔道士キルギルが使っていたものと同じなので、
おそらく魔瘴の力を増幅させる為に残したものだと推測されますが…。

20140216-1913_130826895

フォステイル

フォステイルの破邪舟継承の時の魔法陣と比較。
形こそ違えど、書いてあるアストルティア文字が同じなんですな…。


ダウンロード (2)
 やはり貴様…魔道の手の者か!

ロザリー
 えええ…ちょっとー!


魔道士フォステイル説、急浮上。
余談すぎる。


―――


2人の神様についての詳細は後編に回すとして、
少なくともマデサゴーラの方は創生の渦から世界を生んだ事が分かりました。
ですがそうなると、ルティアナが作った元の世界はどこに行ったのか
大きな疑問が残ってしまいます。

この答えは、創生の渦が何であるかを突き止めれば、
おのずと解明できるはずです。


ダウンロード (2)
 創生の渦って、つまりは重力の特異点なんじゃない?

ロザリー
 ブラックホールってやつですか。


178606_984820
 (画像:NASA)

特異点とは、大きさがゼロ・質量が無限大になっている時空の歪みの事で、
宇宙が始まるビッグバンの中心にあったとされています。
何も無い真空には世界を広げる反発力が働いており、
その力が空間を押し広げたというのが定説(インフレーション理論)。

 あれはな。創生の渦というのよ。
 くわしくは知らんが この世界が始まる前から
 ああやって 空に浮かんでおる
らしいぞい。

創生の渦がブラックホールのような特異点だと考えれば、
偽りの世界が生まれた秘密を理屈立てて考える事が出来ますね。


ですが、最新の宇宙論から見た宇宙のモデルは、
ちょっと違ってるらしいのです。
偽りの世界より以前がどうなったのか、ここから想像付きます。

空間にはゼロというのが存在せず、ビッグバン以前には
重力によって収縮しきった限りなくゼロに近い宇宙の残骸があり、
ある時を境に重力が斥力にひっくり返って、収縮から膨張に転じたというもの。
宇宙はこれを繰り返してるんだとか(ループ量子重力理論)。


ダウンロード (2)
 世界がループしてるのなら、創生の渦の中に飛び込めば…。

ロザリー
 もしかして違う世界に行けちゃうって事ですか?


tAU_C9vU0UdBjqz1392667358_1392668038

マデサゴーラは創生の渦から新しい世界を生み出し、
古き世界を消滅させようとしていました。
これを実際の宇宙論に当てはめ、物理学的に解釈すると、
元の世界はあの渦の中にあると考えられるのです。


ダウンロード (2) でもブラックホールは光すら閉じ込めちゃうんだぜ?
 元の世界に渡るとか、そんなの無理じゃね。

ロザリー
 いや可能ですよ。時渡りの術が使えるロザリーなら!

ダウンロード (2)
 なん…だと…!?


膨張を続ける世界では、言うまでもなく時間は不可逆です。
ビッグバンとは即ち、宇宙が始まった「光」の事。
光の速度を超えない限り、始まった方向に辿りつけなどしません。
その為に元の世界との時間のズレも生じている訳です。

ですが、光速を超える速さで移動しさえすれば、
理論上では創生の渦の中心に到達する事が可能です。
光の勇者の力を秘めたブレイブストーンや、主人公の時渡りの術は、
超光速理論で全ての説明が付きます。

061019rid

ダウンロード (2)
 おばあちゃんは言っていた…私の進化は光より速い…ってな!

ロザリー
 本当にそんなこと言ってたんですか!?

ダウンロード (2)
 時渡りの術、それは…私自身が光になる事だ!

ロザリー
 なんてオサレー!



結論: 時渡りの術は光の速さを超える技


グランドタイタス号の突入、アンルシアの記憶の分離など、
時間の流れがこんがらがって不明な点は多いですが、
タイムリープに矛盾の無い描写は今後もなされていくと思われます。

次回は角度を変えて、より以前の神話的な時代の科学から、
2人の神の存在について解釈してみる事にします。(創生の渦 (2)に続く)