アストルティア考古学の17回目は、「勇者の力」の考察です。
全2回のシリーズの前編です。

なお、ストーリーのネタバレを含んでますので、
その点をご同意頂ける方だけ、続きをご覧下さい。

【アストルティア考古学シリーズ】
 ・ 短評Ver.1 冥王編 神話篇
 ・ 配信クエ カミハルムイ メギストリス


 ・ 光と魔瘴 1 2 3  ・ 赤い月 1 2
  ・ レンダーシア大陸 1 2
 ・ 錬金術 1
 2 3  ・ 創生の渦 1 2  ・ 運命の特異点 1 2
 ・ 光の勇者 1



―――


勇者姫アンルシア

ダウンロード (2)
 ダイム老が命を落した魔勇者の人体実験を防ぐこのシーン。

ロザリー
 奪おうとしてたのは光の力でしたね。

ダウンロード (2)
 お孫さんのテグラムも魔勇者に吸収されたんだよね?

ロザリー
 なぜ魔勇者は光の力を欲したのでしょうか。



qOx9ABVQItbA2Sh1398733170_1398733200

さて、この魔勇者アンルシア、大魔王マデサゴーラから
できそこないの失敗作」と烙印を押されています。
その後、勇者として覚醒する為に出来る事は何でもやったと語っていますから、
グランゼドーラの行方不明事件は大魔王の差し金ではなく、
魔勇者の単独行動であったと見られます。

大魔王の目的はいまだ定かではありませんが、
魔勇者が光の力を吸収しなければならなかった動機を追えば、
その背景は浮かび上がってくるはずです。


ダウンロード (2)
 勇者だけが持ってる光の力っていうのは何だろう。

ロザリー
 光の粒になって消えたダイム老のものとは別物でしょうか?

ダウンロード (2) 勇者覚醒の光が大陸中に注がれた事を考慮しても、
 質量の桁が違うってのは分かるね。



勇者が持つ無尽蔵の光の力の根源については、
真のグランゼドーラ城3階の図書館にヒントが残されています。

20140429-0904_148826580

 『グランゼドーラ王家のはじまり』

 強大な悪と戦い 休息を必要とされた神は
 残されたチカラで 選ばれし人の子に
 神の加護を 与えたもうた

 選ばれし者から生まれた子が やがて
 魔を滅ぼす勇者となりて 世界を救うであろうと
 神は告げられたのだ。

 生まれた子は 双子であった。
 兄は 勇者として。弟は 勇者を支える友として
 世界を脅かす魔と 戦ったという。

 魔を滅ぼした後 兄は国をおこし 王となった。
 これが グランゼドーラ王家の始まりである。
 弟は人知れず いずこかへ旅立ったという……。



ロザリー
 神の…加護…!

ダウンロード (2)
 この世界で神様と言えば、女神ルティアナしか居ないよね?



神話と神様の考察の回では、エテーネ村の守り神である
カメさまこそがカミさまであると予想を立てました。

hVBwdDdyi22rmFP1398736317_1398736322

で、このカメさまの覆ってるシールド、
アンルシアのオートガードとそっくりなんですな。



ダウンロード (2)
 女神ルティアナはグランゼドーラ王家に力を引き継いだ、という事は…。

ロザリー
 神様は力を与えちゃったからカメになったんでしょうか?



DqNgXsmOTXQiA961398737546_1398737553

魔勇者も、魔元帥ゼルドラドも、アンルシアの覆うシールド見て即座に
「紛れもなく勇者のチカラだ」と言った訳ですから、
勇者の持つ光の力とは、光の神様と同義であるのです。

ロザリー
 つまり魔勇者が奪おうとしてたのは…?

ダウンロード (2)
 神様の力、そのものだったという訳ね!



―――


光の力は、アストルティアに住む人々なら誰しも持っていると思われます。
実際にメルサンディ村の英雄・ザンクローネは、
錬金術で失った心臓を、等価交換する事なく復元させています。

xljTv_IrORpeuDK1398738883_1398738889

ザンクローネは確かに勇者っぽくはあるんですが、
神様に光の力を直に与えられた特別な存在である光の勇者の
無敵のシールドとは明らかに別物。

魔勇者が普通の人から光の力を奪っても真の勇者に覚醒できなかったのは、
それが神様に連なる力では無かったからでしょう。
ゆえに本物の勇者から奪おうとしたのだと思います。

ロザリー
 神様の力っていうのは、それだけ凄いんでしょうね。

ダウンロード (2)
 大魔王()を気取ってるやつより凄いのは間違いないね!



光の力が悪用されたケースは、ドラクエの世界では2回あります。
いずれもドラクエモンスターズシリーズ、『DQMJ1』と『2』です。


DQMJ1 神獣キングスペーディオ

P1000154

P1000155

神獣キングスペーディオは、魔瘴の成分とおぼしきマ素を浴びた事で、
その姿をデモンスペーディオへと変えます。

神獣は魔界の門の番人であり、その力を悪用された事で、
魔界へと通じる特異点がヨッドムア島に発生します。


DQMJ2 闘神レオソード

hHMwznHJhuHlblN1398740650_1398740656

Unlt0rjcCXtx68K1398740594_1398740605

闘神レオソードは、魔界の主であるオムド・ロレスに破れ、
邪神レオソードへと姿を落とします。

オムド・ロレスは魔界の最深部に眠っており、
正気を取り戻したレオソードの力で魔界に行く事が出来ます。


『ドラクエ8』でもドルマゲスやゼシカ、レオパルドが、
『9』では稀代の天使・エルギオスが心を闇に支配されましたが、
ドラクエの世界ではたとえ神様クラスであっても、
人間や生物と同じように闇の力に飲まれ、利用された前例がある
のです。

奪われた力が元を辿れば女神ルティアナのものであったとするなら、
謎に包まれたままの大魔王の行動の背景も見えてきます。

ダウンロード (2)
 つまり、女神ルティアナの力も例外ではないと…!

ロザリー 神様から受け継いだ光の力が、
 今まさに悪用されているという事ですね。



大魔王の狙いはやはり光の力の根源にあるようです。
グランゼドーラ城に攻め入りながら退いたのは、
光の力を奪うという目的が達成されたから」と考えるのが妥当でしょう。


結論: 勇者の力は神様の力と同じ


次回は、残された謎であるあの人に迫ってみます。(光の勇者 (2)へ続く)