アストルティア考古学の21回目は、「叡智の冠」の考察です。
全2回のシリーズの前編です。

なお、ストーリーのネタバレを含んでますので、
その点をご同意頂ける方だけ、続きをご覧下さい。

【アストルティア考古学シリーズ】
 ・ 短評Ver.1 冥王編 神話篇
 ・ 配信クエ カミハルムイ メギストリス
 カンダタ ダーマ

 ・ 光と魔瘴 1 2 3  ・ 赤い月 1 2
  ・ レンダーシア大陸 1 2
 ・ 錬金術 1
 2 3  ・ 創生の渦 1 2  ・ 運命の特異点 1 2
 ・ 光の勇者 1
 2  ・ 叡智の冠 1









_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 ロザリー、ロザリー! 起きて下さい!

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 んぁあ…ムニャムニャ。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 そろそろ考古学者らしい事をしていかないと!

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 元からそんなにやってないじゃん…。









Ver.2.1の締めに竜族について書こうかなーと思ってたら、
メインストーリーのリリース延期。

ならばと思い、これまで暖めておいた秘蔵の考察ネタを披露すべく、
各地をがっつりと調べて参りました。








竜族についてはまた別の機会に回そうと思います。

それでは、どうぞ。


―――


PV

バージョン2.2のPVより。


HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 仮面の男が暗躍してきたね。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 それよりロザリー、この魔法陣に見覚えないですか?

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 あぁ、ちょっと薄くて見えにくいけど、あれだ!



魔法陣

そう、仮面の男が勇者の指輪を使って開けようとしていた扉には、
意味深な魔法陣が施されているのですが、
これは魔法の迷宮災厄エリアにあるものと同じです。




20140610-1140_159031320

魔法の迷宮と言えば、ロンデとモコモコの楽園。
1000年の昔、グランゼドーラの勇者に敗れた魔軍12将を封印する際に、
ロンデの住処を迷宮に変えたそうなので、
扉にある魔法陣は、その封印の証であると推測されます。


迷宮を作ったのは、「叡智の冠」という秘密組織。
という事は、迷宮の封印も彼らが施したと考えるのが自然ですが…。



20140610-1409_159042680

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 叡智の冠って、ルシェンダ様がそう名乗ってましたよね?

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 ホーローじいさんもその1人だとか。


 ……とはいえ これから しばらくは
 その叡智を 大魔王マデサゴーラとの
 戦いのために 結集させることになるだろう。

 我らは そうして歴史の陰から
 世界を支えてきた 善なる知識の守護者……

 叡智の冠なのだから。


エイドス ブロッゲン


叡智の冠は、アストルティア各地で「賢者」と呼ばれている、
ルシェンダホーローエイドスブロッゲンら、
深遠なる知恵を持った集団の事です。


HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 たぶんあと1人居るっぽいよね。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 ほかに「賢者」と呼ばれていたのって誰ですっけ?

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 賢者マリーンぐらいかな…?

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 うーん…あのナリでですか…。



賢者ホーローは、メインストーリーにも深く絡んでますので、
どんな人物なのかはよくご存知だと思いますが、
エイドスやブロッゲンは馴染みが薄い為、あまりピンと来ない方も居るでしょう。

彼らの実力はいかほどのものなのでしょうか?


―――


叡智の冠メンバーのうち、賢者エイドスは、
封印された扉の魔法陣と関わりがあるようなシーンが、
プクレット村の初期クエストにて確認されています。



エイドス

やれやれ……この老いぼれの手を
いつまでも わずらわせよって……。

じゃが この………を 地上に出せば
この地は 滅びる。

今 ひとたび!
封印させて もらうぞ!



_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914 あああ! 迷宮のと同じ魔法陣を使ってますよ!

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895 しかも5つも出してる!




20140610-1215_159033894

こちらはボロヌスの穴にある海底の牢獄に施された、
天魔クァバルナの肉体を封印した魔法陣。

魔法の迷宮の封印と同じ模様ですが、
叡智の冠が使うものと違って、術式が簡易的なのが分かります。
ドルワーム王国にも王立研究所に賢者が居ますので、
おそらく才能ある持ち主が施したものなのでしょう。


ですが、賢者エイドスの封印はズバ抜けて強力。
並みの賢者とは格が違う事が、術式の複雑さからも伺えます。
封じている魔物も、天魔よりはるかに強大な力をもった
コインボスまで封印しているようですから、
叡智の冠の魔法陣には相当の魔力が込められているようです。


HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 災厄の王も叡智の冠が封じてたのかな?

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 魔法陣が同じですから、その可能性はありますね。



結論: 叡智の冠は並みの賢者の5倍!



PV

さて文頭に話が戻ります。

この魔法陣が施された扉の封印には
叡智の冠が関わってそうな事は分かりましたし、
中には強大な魔物が封じられている事も想像が付きます。

では、Ver.2.2のPVに映っていたこの場所には、
いったい何が封印されているのか?


賢者ルシェンダのかざした運命の振り子は、
ソーラリア峡谷を指していました。

次回はこれを考察したいと思います。(叡智の冠 (2)へ続く)