アストルティア考古学の22回目は、「賢者」の考察です。
全2回のシリーズの後編です。

なお、ストーリーのネタバレを含んでますので、
その点をご同意頂ける方だけ、続きをご覧下さい。

【アストルティア考古学シリーズ】
 ・ 短評Ver.1 冥王編 神話篇
 ・ 配信クエ カミハルムイ メギストリス
 カンダタ ダーマ

 ・ 光と魔瘴 1 2 3  ・ 赤い月 1 2
  ・ レンダーシア大陸 1 2
 ・ 錬金術 1
 2 3  ・ 創生の渦 1 2  ・ 運命の特異点 1 2
 ・ 光の勇者 1
 2  ・ 叡智の冠 1 2












HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 1周年のお祝いのコメント、有り難うございます!

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 お返事、まだ返してませんよね…?

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 さっき見たら23件たまってた…。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 キャー! 返しましょうよ!









ははー、誠に申し訳有りません。

これ書き終わったらきちんとコメント返信致します…!








今回は賢者の封印を、別の角度から見てみましょう。

それでは、どうぞ。


―――


PV

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 このシーン、もう1つ変わった所があるのよね。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 変わった所…ですか?



仮面の男が開けようとしている「」に注目して下さい。


「闇の溢る世界」 帝王の玉座

20140707-0017_164953784

この格子状の扉は、災厄の王へと続く帝王の玉座の扉と同じものです。


闇の溢る世界にある扉は、最終エリアを除けば
全てが王者の座に扉と同じ、球が2つ埋め込まれた形をしています。


「ゴブル砂漠西」 王者の座

王者の座

つまりあの格子状の扉だけが、何か別の意味を持っているのです。
そしてそれは災厄の王の封印と無関係ではありません。


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 他の場所では見ない形の扉ですもんね。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 災厄の王は「古き神話に謳われる」ってくらい伝説の存在だからね。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 魔王クラスの大物が封じられてる扉って事ですか?

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 うーん、それはちょっと正確ではないかな。



災厄の王の扉は、それ以外の場所にはこれまで存在しませんでした。


ところが、Ver.2.2になってからいきなり、
新エリア2つの両方で確認する事が出来たのです!



「モンセロ温泉郷」 ご神体の間

20140607-1248_158239117


「ソーラリア峡谷」 古き神の遺跡

20140607-1338_158248117


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 どちらも「」と名前が付いてますね!

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 つまりこの特別な扉の中には、神話クラスの大物が眠ってるんだよ。



もともと扉にあった魔法陣も、魔物を封じる為だけに施された訳ではありません。


「王家の庭」 聖泉内部

20140703-1453_164051488

例えばエルトナの聖地にも封印の魔法陣があります。
カミハルムイ外伝クエストで示された通り、
エルトナの聖地には濃い魔瘴を退ける力が眠っています。

もともと聖地の入口には白き者・リタ姫が成り代わった白い大木があり、
アラグネ騒動の後で、この魔法陣が置かれるようになりました。


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 そう言えば賢者の隠れ家にも同じ封印がありましたね。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 めっちゃ素通りできるんだけどアレ。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 魔物だけが容易に通れないようになってるんでしょうか?



エルトナの聖地の方も、ハッパくんが聖地の力を得るには、
入口にある封印を素通りするしかありません。
つまり、封印の効力は邪悪な力にしか反応しないという事です。

叡智の冠が施した封印は、単に魔物を封じるだけではなく、
聖地を魔物から守る目的もあるのでしょう。



と考えると、あの格子状の扉の意味も、
少し違った解釈で捉える必要がありますね。


―――


賢者の役割について、明確に言及した作品が、
過去のドラクエシリーズにあります。

7賢者

『ドラクエ8』に出てきた七賢者です。


七賢者は、暗黒神ラプソーンの肉体と魂を分かち、
肉体を聖地ゴルドの女神像に、魂を神鳥の杖に封印します。

ラプソーンは杖の封印を解いたドルマゲスを操って七賢者の末裔を抹殺し、
神鳥レティスが守護する光の世界と、
己が支配する闇の世界を統合しようとしてました。


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 どこかで聞いた事のある話ですね…?

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 大魔王マデサゴーラの目的とそっくりじゃん!



1000年前のアストルティアに侵攻した魔王は、
肉体と魂に分けられ、魂は別の次元に封印されたそうです。



 『不死の魔王と勇者の戦い』

 勇者は 叡智の冠の協力を得て
 魔軍12将を 各個に撃破していき
 ついに 不死の魔王との 一騎打ちに挑んだ。

 激戦の末 勇者は 不死の魔王に
 勝利したものの 完全に滅ぼすことはできず
 魔王の魂は 時空の彼方に封じられたという。



つまり賢者と呼ばれる集団は、この世の理を知るだけでなく、
不死の肉体を持つ魔王から魂を分離し、別の場所に封印した張本人なのです。
叡智の冠は、格子状の扉で閉じられた聖地を封印の場所に選び、
例の魔法陣で厳重に鍵をかけたと思われます。


封印の扉の先にあるものは何か?
現在まで確認されている全2箇所のうち、1つが判明しています。


ソーラリア峡谷の遺跡にある、紫色に輝く怪しげな物体

マデサゴーラ


これと同じものが、Ver.2.1のエンディングでも出ています

マデサゴーラ2

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 もういっこの方は、周囲に光の河が見えるね。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 うむむ…これは確かに魔物は寄り付けそうにないです。



―――


これまでの流れから、推察できる事が2つあります。


まず、神様の力が及んでいるだろう扉の先には、
マデサゴーラの封印に関わる何らかの物体が祀られている。


扉の先はもともと聖なる地であり、そこに邪悪な力を封印する事で、
魔族とその眷属が近寄れないようにしていると想像できます。
古き神の遺跡の扉の先にその物体があったのなら、
もう1つの方はモンセロ・ご神体の間にあるのではないでしょうか。


oniityan

そして、魔元帥ゼルドラドが仮面の男を利用したのは、
賢者が施した聖なる封印をスルーする為である。



_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 ロザリー、もしかして仮面の男が持ってる剣って…!

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 ホワイトデーイベントで見た覚えがあるねww





お兄ちゃん お兄ちゃん2


結論: まさかの公式ネタバレ




嘘でしょ、お兄ちゃん…。

正体がいくらなんでもバレバレすぎるよ!