アストルティア考古学の26回目は、「進化の秘法」の考察です。
全2回を予定しているシリーズの前編です。

なお、ストーリーのネタバレを含んでますので、
その点をご同意頂ける方だけ、続きをご覧下さい。

【アストルティア考古学シリーズ】
 ・ 短評Ver.1 冥王編 神話篇
 ・ 配信クエ カミハルムイ メギストリス
 カンダタ ダーマ

 ・ 光と魔瘴 1 2 3  ・ 赤い月 1 2
  ・ レンダーシア大陸 1 2
 ・ 錬金術 1
 2 3  ・ 創生の渦 1 2  ・ 運命の特異点 1 2
 ・ 光の勇者 1
 2  ・ 叡智の冠 1 2  ・ 竜族と創造神 1 2 3
 ・ 進化の秘法 1

ハナちゃん

ハナ >
 プフー……。びっくりしたプッケ。

 ボク 平気。
 錬金術で すごく丈夫に 作ってもらった!



HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 魔導鬼ベゼブーの一撃に耐えた…だと…!

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 しかも「平気」だって言ってますよ!



ブタのハナちゃんは、トンブレロ(HP131、防御力78)を素体にしているようですが…。

極限攻略サマの情報によると、魔導鬼ベゼブーの攻撃力は620。
普通なら間違いなく一撃で殺されます。


ハナちゃんは錬金術で丈夫に作ってもらったそうなので、
これを施したのは、主人公の兄弟(姉妹)であると見ていいでしょう。

実はこのシーン、Ver.2.3で最も重要であると睨んでいます。


白のほこら


以前の考察では、創生の邪洞に待ち構えていた3人の刺客が、
オフラインのシナリオに出てくる3体のボスモンスター
アームライオン、セルゲイナス、ゴールドマン)と戦う流れをなぞっており、
その証拠として、白・灰・黒の間にある扉や壁が、
ポルネア山の各色のほこらの装飾と一致している点を挙げました。

つまり、オフラインモードに出てきた錬金術が、
オンラインのシナリオの謎を解く鍵となっていたのです。



オフラインとの繋がりはこの頃から既に見えてたので、
開発陣の伏線の張り方は流石としか言いようがありません。


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 アームライオン達も錬金術で作られたって言ってましたね。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 とどめにバルザックが出てくるくらいだし。




さて錬金術は、現実の世界でも真面目に研究されていました。
万有引力の祖であるあのニュートンが、生涯のテーマとしていたほど。

ニュートン

アイザック・ニュートンのオカルト研究 - Wikipedia


天地は神様が7日間で作り上げたというのが、
『ドラクエ9』以降のストーリー背景にある創世神話の信仰です。

しかし世界にはそれより以前から、学問によって宇宙の誕生を解釈しようとした、
イオニア(ミトレス)学派と呼ばれる賢人達が居ました。
彼らは万物を構成する最小単位としての「原子」の存在を、
なんと紀元前の頃から言及し、世界初の原子論として纏めています。

イオニア学派の考え方は、プラトン→アリストテレスに受け継がれ、
中世の頃には神の存在を否定する学問へと発展します。
物質の元素を自在に組み替えれば、神様でなくてもどんなものでも作れる、
鉛から金を作る事だって出来る、と考えていました。



これが錬金術の始まりです。

結果として錬金研究は失敗しましたが、数々の精製実験を経た事で、
観念的な解釈を捨てた科学へのアプローチと、
科学に必要な諸々の薬品・実験器具が後世に残されました。


主人公の兄弟が居た風穴の研究所にも、
錬金術に使用していたと思われる実験器具が残されています。



20141005-1402_189250823

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 これは蒸留器だね。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 けっこう本格的なんですねぇ。


蒸留器は、錬金術の核となる元素転換を行う装置で、
金の精製を行う際に用いられていました。

蒸留技術は、後に蒸留酒(ウィスキー)の製造にも転用されます。
NHK『マッサン』に出てくるポットスチルがこの発展です。


20141005-1403_189251028

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 こっちには試験管があるね。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 薬草を粉にするのに使う薬研もあります。



20141005-1405_189251758

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 棚の上にはフラスコもあったわ。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 ぶらさがってるのは薬の素材でしょうか。


理科の実験でおなじみ、試験管やフラスコ、ビーカーなどは、
錬金術に使う薬品や精製した蒸留物を入れておく為の容器として発明されました。

専用の品を、ガラス職人に依頼して作らせていたそうです。


20141005-1403_189251126

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 机の上には天秤がありましたよ。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 すり鉢で細粉にする鉱石も整理されて置いてあるね。



20141005-1405_189252098

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 うお、水掘のとこに薬草まで自家栽培してある。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 綺麗に鉢に植えられてあります。



  ・ 薬草や鉱石を、薬研やすり鉢を使って細粉化
 ↓
  ・ 適切な比率になるよう天秤で計量
 ↓
  ・ 蒸留器で精製し、試験管やフラスコに入れておく




錬金術の過程が容易に想像できるようになっています。
ストーリー背景を類推するのに必要な描写がなされていますね。


20141005-1402_189250902

 『イシカズム理論~応用編~』という本だ。
 しかし あまりに 難しい内容で
 ロザリーには まるで 理解できなかった。


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 これでもツスクルでは優秀な方だったんですけどね…;

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 上には上が居るもんだよ!



エルフの主人公は、ツスクル村の本棚を参照すると、
イシカズム(難しい)理論におけるヌラカワ(分からぬ)対比の新しい解法を発見し、
論文にまとめた(『アカシの天才さん観察日記』より)とあります。
その主人公が「まるで理解できなかった」とは、
よほど進歩した考えを、主人公の兄弟が持っていたという事でしょう。


『8』および『9』の錬金術は、いかにも取ってつけた設定であり、
作中でその背景が描かれた事はありません。

しかし『10』では、薬品や実験器具まで細かく用意され、
綿密に練られた伏線からも、メインストーリーと深い関わりが見て取れます。
このような背景をきっちり描く理由とは、何だったのでしょうか?


―――


奈落の門

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 これは…奈落の門ですか。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 創生の霊核については、ひとまず置いとこうか。



真理の扉


現実世界の錬金術の最終目標は、賢者の石を精製し、
不老不死の肉体を手に入れる事にありました。

錬金術師は、プラトンのイデア論を受け継いだアリストテレスの思想を基軸とし、
人間は精神(質料)と肉体(形相)に分けられ、
精神を表す真の姿はあちら側の世界にあると仮説を立てています。

アルフォンス


即ち、こちらの世界でたとえ肉体が滅んだとしても、
あちらの世界の真の姿は健在なままなので、何度でも転生する事が出来ると、
中世の当時は本気で信じられていました(ウロボロス思想)。

錬金術によって鉛から金を精製する事が可能なら、
人間の肉体も、金のように腐食しない体に改造できるのではないか?
賢者の石は、あちらの世界から真の姿を取り出す為の媒体であり、
不老不死の肉体は、あちら側から呼び寄せた精神を留めておくのに必要でした。


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 なんかセレドの子供達におもっきし当てはまりますね…。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 大魔王の創生の魔力も、錬金術に通じてる証拠よ。



そうして錬金術の実験で生み出されたとされるのが、
フラスコの中の小人、通称・人造人間(ホムンクルス)です。


※ キリスト教では神の創造行為への冒涜は禁じられている為、
  当時の学者は異端審問から逃れる為に、「金の精製」を隠れ蓑にしていました。


ハナちゃん

ブタのハナちゃんは、錬金術で肉体を改造されてました。

それはつまり、主人公の兄弟の錬金術研究が、
生体の精製にも関与していた事を如実に表しています。



HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 そういえば、嫌な事を思い出したんだけど…。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 私もです…ナルビアの町にこんな本がありましたね。



『消えた 錬金術師』という本だ。

昔 この町には 高名な錬金術師がいた。
そのウデを聞いて 多くの人が訪れたものだが
ある日を境に 姿を消してしまったのだ。

何年経っても ちっとも老けない 若さのヒケツ
いつか 聞こうと思っていたものだが……。
まったく 惜しいことをしたものだ。



HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 兄・ピサロは、ブタちゃんを肉体改造していた…。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 そしてロザリーのお兄様は、全く年を取らなかったそうです…。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 それはつまり…ゴクリ。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 自分の肉体にも、錬金術を施していた…!?



現実の世界の錬金術では、賢者の石を作ったトリスメギストスも、
ホムンクルスの精製方法を研究したパラケルススも、
そして錬金と科学を融合させたニュートンも、誰ひとりとして、
自らの肉体改造に成功した人物は居ません。

しかしドラクエの世界には、人体錬金術に成功した人物が居ますよね?


バルザック


彼の者の名前はバルザック
錬金術師エドガンから進化の秘法を奪い、
キングレオ城の王子と共にその力を悪用した、元人間です。



バルザックはオフラインモードのラスボスであり、
主人公の兄弟は最終進化を遂げたバルザックと対峙しています。

進化の秘法は、魔族の王・エスタークが自らの肉体を不老不死に変えるべく、
生体進化の道筋を歪める為に編み出されたもの。


主人公の兄弟が錬金術によって年を取らない肉体になっていたとしたら、
それはつまり、バルザックに殺されたエドガンと同じく、
進化の秘法に辿り付いていたのではないかと推察されるのです。



HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 年を取らないという事は…それはつまり寿命で死なないって意味よね。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 文字通り、不老不死になっていたのでしょうか。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 だけど、「時間が無い」ってどういう事だろう…?

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 エスタークやデスピサロのように、自我が崩壊する、とか…。

HiboOgSQT5skLRf1402383890_1402383895
 ちょっと、やめてよそんな事言うの。



結論: 主人公の兄弟はエスターク化している?


イッショウさんのお友達の名前が「フラスコ」さんだというのは、
決して偶然では無いと思います。

主人公に待ち構える「過酷な運命」とは何か?
ストーリーの最後で語られる真実が、その答えを握っていそうです。


次回は、あちら側の世界を考察してみましょう。(進化の秘法 (2)へ続く)