アストルティア考古学の37回目は、「預言」の考察です。

全2回を予定しているシリーズの前編です。

なお、ストーリーのネタバレを含んでますので、
その点をご同意頂ける方だけ、続きをご覧下さい。

【アストルティア考古学シリーズ】
 ・ 短評Ver.1 冥王編 神話篇
 ・ 短評Ver.2 蒼天のソウラ 夢現篇

 ・ 配信クエ カミハルムイ メギストリス
 カンダタ1 2 ダーマ

 ・ 光と魔瘴 1 2 3  ・ 赤い月 1 2
  ・ レンダーシア大陸 1 2
 ・ 錬金術 1
 2 3  ・ 創生の渦 1 2  ・ 運命の特異点 1 2
 ・ 光の勇者 1
 2  ・ 叡智の冠 1 2  ・ 竜族と創造神 1 2 3
 ・ 進化の秘法 1
 2  ・ 時渡りの術 1 2  ・ テンスの花 1 2
 ・ 神の器 1 2  ・世界樹の花 1 New! 
 








ロザリー
 竜族サイドから見てきたから、次は人間サイドから見てみよう。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 人間サイドというと…あの人ですね?









俄かの再会となった主人公の兄弟(姉妹)。

フードの男と目的を同じとしていた、という点に、
3.1以降のストーリー展開を読むヒントが隠されているようです。




それでは、どうぞ。


―――


主人公の兄弟

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 ご兄弟が無事な様子で、本当に良かったですね。

ロザリー
 つーか何その服、ダサくない?

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 おい馬鹿やめろ。



60年ぶりに再会した、主人公の兄弟(姉妹)。

姿が全く変わっていなかったのはやはり、
錬金術による肉体改造に成功しているという事なのでしょう…。



「手に持ってるキューブは何?」

「赤と緑のツートンって、ガオガイガーの強龍神以来だね」



いろいろ積もる話があったのですが、交わした会話は、


主人公の兄弟

 人の話を聞けよ



かまいたちの夜の俊夫かよ。

事情を語らなさすぎてさっぱり伝わりません。



かまいたちの夜

(参照:具体的に言えや)



20150710-0909_262458871

ロザリーさんの方も最近、シンパレート値が200%を超え、
青と黄色のシンメトリカルドッキングしまして。


 強龍神  幻龍神
強龍神 幻龍神


兄と一緒にスーパーロボット界にデビューしようと思います。


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 ボケ倒しかよ!

ロザリー
 ツッコミ役が居て本当に良かった。




さて、ここまでの展開で分かっているのは1つ。

主人公の兄弟はクロウズと結託し、神の器=すなわち神の預言者を、
竜将アンテロとは別の目的で集めているという事です。


総主教

竜族にとっての神の器が、旧約聖書の預言書の中にある
ユダヤの民の苦難からの解放をを指すと仮定するなら、
人間にとっての神の器とはもちろん、
主たるイエス・キリストの啓示を授かった、
新約聖書の方の預言書を指しているはずです。


聖書は旧新合わせて全66巻あります。
旧約聖書が39巻、新約聖書が27巻の構成です。

でもって、新約聖書には預言書がたった1つしか無いんですよ。


ヨハネ黙示録

その書物の名は、ヨハネ黙示録

最終戦争(ハルマゲドン)について書かれた、
新約聖書の最後の一巻です。


名前だけは耳にされた事のある方も多いんじゃないでしょうか。


ヨハネ黙示録は、救世主(メシア)が率いる天使軍と、
魔王サタンが率いる悪魔軍との最終戦争が、
ハルマゲドンの地で起こる事を予言した内容になっています。

ここでポイントとなるのは、魔王サタンが
黙示録の中でどのように描かれているかという事。



ヨハネ黙示録

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914 
 ロザリー、この絵は…?

ロザリー 
 ああ…どう見てもドラゴンが描かれてるね!



黙示録の中の魔王サタンの位置付けは、
かつてエデンの園でイヴに禁断の果実を口にするよう唆した
狡猾なヘビと同一の存在であるとされています。

ヘビは長い年月を経て巨大になり、
頭が7つに割れた赤い竜へと成長します。


赤い竜とは、すなわちサタンの事。

つまり黙示録で予言された最終戦争とは、
人間とドラゴンの戦いを指しているのです。



―――


主人公の兄弟が神の預言者を探しているのは、
人間とドラゴンの戦いを予期した動きであると思われます。


千年王国

ここでちょっと思い出して欲しいのが、
先代勇者と盟友のアルヴァンとカミルの物語。

彼らが先の魔王を封じたのって、何年前でしたっけ?


_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 『不死の魔王と勇者の戦い』には"1000年前"とありますね。

ロザリー
 魔軍12将の侵攻の時だね。



> 1000年の昔 不死の魔王の配下
 魔軍12将が率いる軍は かつてない規模の
 大戦力で またたく間に 世界を侵略した。



ヨハネ黙示録によれば、魔王サタンは
現世に再臨したキリストによって黄泉の国に1度封印され、
キリストはその間に平和が約束された王国を地上に築きます。

そして地上の王国が栄える年月が、
預言書にはちょうど1000年と記載されています。
これが有名なキリストの千年王国(ミレニアム)思想です。

西暦2000年を迎えた時に、大きな話題となりましたね。


千年王国とは、神が直接地上を統治する幸福の時代を指します。
そして1000年の終わりには、封印の解けた
魔王サタンとの最終戦争が予言されているのです。


アンルシア

では1000年前、勇者アルヴァンが戦っていた魔王とは、
いったい誰の事だったのか?



_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 大魔王マデサゴーラの事じゃないんですか?

ロザリー
 いや、マデさんは封印されてた事実が無いから別人だと思うよ。



そう、実はまだ明らかになってないんです。

まさかこんな所に考察の余地が残っていようとは。
神の器というキーワードを基に、ちょっと情報を整理してみましょう。


アンルシア

グランゼドーラ王国は、父神グランゼニスから力を受け継いだ
勇者の血を引く末裔が治めてきた国です。

グランゼニスを旧約聖書の唯一神だと定義すれば、
魔王と戦った勇者は新約聖書におけるキリストのポジションに当たります。
となるとグランゼドーラ王国はさしずめ、
キリストが築いた千年王国という事になるのでしょうか。

どうやら先の魔王を封じた1000年という年月は、
運営が適当に決めた数字ではなく、
最初から深い意味を持っていたようで。



0PV

3.0PVで出てきたこいつ。

踊り子が華麗に戦うシーンなので気にも留めてないでしょうが、
私はこっちの方がすっげ気になってました。


1000年という数字が、キリストの千年王国を意味するなら、
先の魔王の正体はもちろん…。


20150713-1113_263182895

 こいつです

「魔王」という言葉にミスリードされてたおかげで、
魔軍12将の侵攻と、壁画に描かれた巨大な竜により、
この世界は2度の危機に苛まれたと勘違いをしていましたが、
考えてみたら何て事はありません。


ロザリー
 「地上は魔軍に対して1度しか侵攻を受けていない」

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 という事は、魔軍の長とはつまり…。



グランゼニスの敵は人間を裏切った竜族の神であり、
これから私達プレイヤーが戦うのは、
1000年の封印から解放された先の魔王=赤い竜なのでしょう。



結論: Ver.3のラスボスは赤い竜


ロザリー
 やはり強龍神と幻龍神の兄弟が世界を救わねばな。

_2ufqsyraCYX05o1402383909_1402383914
 そっちの設定は忘れていいよ!



次回は、Ver.3.0最後の疑問、
世界樹の花の使い道について考察します。(世界樹の花(2)へ続く)